内部表現を書き換えて夢を叶える!

ゴール設定

常にゴール思考で抽象度を上げる。ゴールが変われば、見える世界や知識が変わって来る。ゴール達成に関係しない事はスコトーマに入れてしまう。    全て自分のやりたいこと(want to)。人から与えられたり、人に約束するもの(have to)はNG。 現状の外側に設定(コンフォートゾーンの外側)。今の自分ではとうてい無理そうなもの。 止められてもやりたいこと。 ...
Read More
内部表現を書き換えて夢を叶える!

本当に望むこと、重要なこととは?

自分が心から望むゴールや、好きなもの、欲しいものは、本当に自分が望んでいるものなのだろうか?小さい時から知らず知らずに親や社会から刷り込まれた結果選んでいる可能性がとても高い。   私たちが現実だと認識している世界は、そうした洗脳の結果設定したゴールによって創り出されている。自分が本当に望むこと、重要なことはスコトーマに隠れているために分からない。   本当に望むこと、...
Read More
内部表現を書き換えて夢を叶える!

縁起=関係性=自我

内部表現における全ての関係性の事を縁起という。全てのものは関係性によってその存在がうまれ、縁起のネットワークの中で存在している。生命現象ではない亡くなった人も、物も、神も、情報空間に縁起として存在している。内部表現にその人の全ての宇宙があり(一人一宇宙)、全てが影響し合っている。   自分という自我や目の前にある現実世界は、他者との関係により作られている。情報空間という膨大な世界(一...
Read More
内部表現を書き換えて夢を叶える!

時空は離散的

現代科学では、時間は未来から過去に流れてくる。現在は一瞬で過去になる。未来が原因で、現在(過去)が結果。過去は一秒たりとも戻ってこない。   現代科学によれば、時間という概念は空間と同じく離散的であり、連続していない。   時間の最小単位(プランク時間)は 5.391×10の-44乗秒5.39121 × 10の-44乗 秒とされている。生命現象とは情報空間と物理空間をま...
Read More
内部表現を書き換えて夢を叶える!

気感がないと情報をコントロールできない?

気は物理的に存在しているのではなく情報なので、気感(気の感覚)はそもそも無くて当たり前。気はそもそも存在しないので、気感が弱いと気が操作できていないということはない。気感が曖昧でも、分からなくても問題はない。   大事なのは気があるという臨場感である。気感があるから気が存在するのではなく、臨場感があるから存在する。   気とは物理的な触覚があるものだと思っていると、気感...
Read More
内部表現を書き換えて夢を叶える!

気功(内部表現の書き換え)で出来ることは?

気功で、人間関係の改善、欲しいお金を手に入れる、体型を変える、素敵な恋をする、仕事で成功する、IQをアップする、能力をアップする、などほどんどの願望を実現することができる。   気功は科学でからくりを説明できるので、再現性があり誰でも使える。   既にかなり多くの気功技術があり、自分で技術を作ることもできる。気功のからくりを学ぶ事は大切だが、気功や気の存在を信じる必要は...
Read More
内部表現を書き換えて夢を叶える!

気功と内部表現の書き換え

「気功で望ましい自分に変わる」、「ゴールが達成できる」と言われても、そのからくりが分からなければ、普通は疑ってしまう。しかし、認知科学によって人の認知の仕組みを理解すると、気功で現状を変えることが可能であることが分かる。   情報という目に見えないものを、共感覚を人工的に起こし、気の玉を出したり、触ったりするなど視覚化したり、触覚化して操作する。情報空間に臨場感を高め、物理的な感覚を...
Read More
内部表現を書き換えて夢を叶える!

内部表現の操作:臨場感

自分とは、内部表現にある自分を定義している情報(自己イメージ)が物理空間に現われたもの。内部表現の書き換えとは、この自分を定義している情報を操作することである。   今持っている自己イメージとは、過去の記憶を合成したもので、無意識によって作られていく。ポジティブでも、ネガティブでも、無意識により強い情動記憶が自己イメージとなり、その自己イメージ情報に基づいた日常生活が展開され、自己イ...
Read More
内部表現を書き換えて夢を叶える!

抽象度

抽象度とは、哲学の存在論 で出てくる概念。”Level of Abstraction"を、苫米地英人博士が「抽象度」と訳した。   抽象度が上がっていくほど情報量は少なくなり(潜在的に包摂する情報は増えていく)、抽象度が下がっていくほど情報量は増える。情報空間の最も抽象度が高いのは「空」(くう)で、最も抽象度が低いのは物理世界である。   自分の目の前の世界で起きている...
Read More