内部表現を書き換えて夢を叶える!

夢を叶えるために過去は一切関係ない!

Posted On 10月 27, 2017 at 10:29 am by / No Comments

Share

エフィカシーとは、「ゴールを達成する自己能力の自己評価」のことである。
 
多くの人は、実績を積み重ねることで自信がついたり、自己評価が上がっていくと考えている。自信とは、過去の実績や周りとの比較で出来上がっているため、その根拠や状況が崩れると、簡単に失ったり、弱まったりしてしまう。
 
私達は、幼い頃から周りと比較され、テストでは点数や順位を先生からつけられたり、他者の基準で評価をさることになれている。そのため人の目を気にしたり、許可を求めてしまうところがある。自分の能力に対する評価も他者の尺度で決めてしまう。それが当たり前と信じ込まされてきた。
 
一方、認知科学やリサーチによると、自己評価が高いから結果が出せる、エフィカシーが高いから成功できる、ということが分かっている。
 
自分で自分に評価を与える事ができると知ることがとても大切である。エフィカシーには根拠は要らない。過去は一切関係ない。自分で自分に許可を出して、自分で自分を褒め、自分だからできると確信を持つことだけ。
 
他者との比較や目線を気にすることを止めて、必ずゴールを達成できる自分だと確信し、エフィカシーを高めていくこと、脳の癖に囚われずに抽象度を上げて行くことが大切。
 
エフィカシーが高くなると、セルフイメージも高まり、コンフォートゾーンがゴールの方にずれていく。それにより、無意識がゴールを達成する方向に動いていく。また、ドリームキラーが現れても影響されなくなる。
 
このコラムでは内部表現の書き換えの基礎的な内容をお伝えしていきます。「Valoreヒーラー&カウンセラー養成講座」では、詳細や必要な技術の伝授を行っています。ご興味のある方はお問い合わせください。

Share