内部表現を書き換えて夢を叶える!

セルフイメージはセルフトークで作られる

Posted On 10月 28, 2017 at 12:34 am by / No Comments

Share

ゴールに合ったコンフォートゾーンやセルフイメージを持つことは非常に重要である。セルフイメージを変えるためには、「セルフ・トーク」をコントロールすることがとても大切である。セルフトークは自分自身に対してかける言葉で、脳内会話や独り事、口癖などである。
 
セルフトークがセルフイメージにとても強い影響を与えている。人は一日に5~6万回ものセルフトークを行っているというデータがある。セルフトークは、意識的でも意識的でも関係なく、脳や無意識に蓄積され、それがセルフイメージを創っていく。
 
脳の中で、言葉によって想起された映像が感情と結びついて、相互作用しながら記憶として蓄積されている。セルフトークがセルフイメージを構築し、無意識がそれに沿った現状を創りだしている。セルフトークがコンフォートゾーンの臨場感を創っている。それ以外はスコトーマに隠れてしまう。
 
スコトーマを克服し、ゴールを達成した未来のセルフイメージや臨場感を持つには、セルフトークをゴールに合ったものに変えることが効果的である。
 
このコラムでは内部表現の書き換えの基礎的な内容をお伝えしていきます。「Valoreヒーラー&カウンセラー養成講座」では、詳細や必要な技術の伝授を行っています。ご興味のある方はお問い合わせください。

Share