内部表現を書き換えて夢を叶える!

遠隔での書き換え

Posted On 10月 28, 2017 at 12:52 am by / No Comments

Share

他者に気功を行う時に、相手が目の前に居なくても書き換えは同じようにできる。
 
空間は離散的であるため、気功において対面でも遠隔も、相手も自分も違う宇宙にいるという抽象度に意識を上げる。その途端、相手が目の前にいても、地球の反対側にいても、距離は関係なくなる。
 
他者も自分が創り出した内部表現である。内部表現は関係性で成り立っているので、他者も自分も情報空間で結びついている(境目がない)。書き換えの方法論が分かっているので、遠隔でも届く。
 
そして、なぜか情報空間においては物理空間の感覚と逆になる。
内部表現の書き換えは距離がある程効き、また一人より人数が多い方がほうが効く。複数のLUBを取ると最小公倍数が大きくなるため、その範囲の頂点の高さも自ずと高くなり、抽象度が上がるためである。
 
このコラムでは内部表現の書き換えの基礎的な内容をお伝えしていきます。「Valoreヒーラー&カウンセラー養成講座」では、詳細や必要な技術の伝授を行っています。ご興味のある方はお問い合わせください。

Share