Home セッション 進化 意識の覚醒ワーク
changing_perception_&_reality

意識の覚醒ワーク

¥100,000¥200,000

意識の覚醒ワークは、カルマの解消を通して意識進化を行うためのワークです。
* 今までご提供していた一連の解放ワークをベースとした、次の段階の解放ワークになります。どなたもここから始められます。
* 過去に魂のブループリントの解放ワーク、下限媒体のブループリントの解放ワークをお受けいただいている方もお受けいただけます。

解除

説明

Share

意識の覚醒ワークは、カルマの解消を通して意識進化を行うためのワークです。
* 今までご提供していた一連の解放ワークをベースとした、次の段階の解放ワークになります。どなたもここから始められます。
* 過去に魂のブループリントの解放ワーク、下限媒体のブループリントの解放ワークをお受けいただいている方もお受けいただけます。
 

意識と膜について

私たちの意識は目には見えませんが、その構造は膜のようになっています。
物質の基本単位に素粒子がありますが、素粒子は(弦理論においては)極微の紐の振動によって生まれています。(ブレーン宇宙論では)紐はもともとは膜であり、膜(ブレーン)を丸めることで作られています。(弦理論や膜宇宙論は理論として構築されていますが、実験、観測によってはまだ実証されていないものです)
  
このように私たちは物質という手に取って、見て感じられるものを極微の世界を極限まで突き詰めると、そこには膜という構造が見えてくることになります。物質は観察される側(観察対象)となるものですが、観察する側である意識はどのようになっているのでしょうか?
  
意識というものの出発点は「認知」です。認知とは、入力された情報を認識する(知る)ことです。
私たちが普段触れている意識は、自分自身の認知に関わる意識です。そして、それが全てです。興味深いことに、この認知する意識がなければ、私たちが日常生活を送っているこの世界(社会、宇宙)は存在しないのと同じです。
※私たちが物質を認識できるのは、観測しているからです。観測されていない物質は不確定(確率波の状態)で、未知の状態です。
 
この認知する意識を突き詰めていく時、スタートとなるのが「感情」という情報でした。(解放ワークの開始地点でもあります)
感情は、私たちの内空間にあるエネルギー体で、外空間にあるものとは区別して捉えます。
※外空間とは五感によって認識される外の環境を指します。
 
感情は最初、「わたし」という気付きの意識に同一化しています。そのため、自分=(ネガティブな)感情、のようになっているので、感情に振り回されます。感情は私たちにとても身近なものですが、実際はその正体にほとんど気付かないと言えます。
この感情の同一化をある方法(感情の解放など)で外したとき、「わたし」という気付きの意識は、内空間にただよう感情を知ることができます。
 
これだけでも感情から振り回されることは減りますが、さらに進めることができます。
気づきの意識である「わたし」と感情とは、実は繋がっており、元々は一つの膜が捻じれることで一時的に分離している状態だったということが分かってきました。
 
「わたし」と感情が捻じれの関係にあることで、「わたし」は感情が在ることに気付くことができます。(感情は「わたし」にとって自分とは異なる何か、という状態です)
 
この捻じれを解消するにはどうすれば良いか?
それは捻じれを起こしているのは「わたし」自身であることに気付くことです。これは気づきの意識がそれ自身に気付くという方法(自覚)で捻じりが解消されるということです。
 
この時、気づきの意識である「わたし」と感情との間の捻じれが解消していき、一つながりの分離していない膜の状態に戻ります。この一つながりの膜である意識が本来の状態の意識(本来の自分)です。そこには捻じれというストレスがないので、意識に歪(無理)がなく、静寂(沈黙)があります。
 
このように意識の本来の姿は捻じれのない膜であり、それにストレスを掛けて捻じることで分離した何かが生まれ、対象として認識できることが分かりました。この一つながりの膜になっている時、認識する側と認識される側(今の場合は感情など)の間には隔てるもの(捻じれ)がないので、認識するものと認識されるものが一致した状態になっています。これが主体と客体の一致点になります。 

カルマと捻じれ

カルマは膜に捻じれを生じさせる原因となるものです。カルマは種のようなもので、膜に種が蒔かれると捻じれを次々に生み出し、分離した状態を作り上げていきます。上記の自覚によってカルマという種が外れ、膜の捻じれが解消することで、一つながりの膜(本来の自分)に戻るというのが、意識の覚醒の基本的な筋道になります。意識の覚醒ワークでは(ある段階まで)それを自動的に解消していきます。また、意識の覚醒ワークによって手動でカルマを解消していくための土台を作り上げます。
 
意識の覚醒ワークで扱うカルマを見るために、世界についての認識を深めます。
 
私たちが認識している世界は、一人一人異なります。この最小の世界を個別宇宙(または個人)と呼んだりします。また、この個人を魂と呼んだりするかもしれません。魂の中身は私たちが認識する世界であり宇宙がありますが、それらはホログラム(3Dの像)です。ホログラムを映し出すにはホログラムフィルムが必要になります。私たちの魂は、浅い潜象界と言われる広大な海のようなものに浮かんでいます(潜象とはまだ形として現れていない状態を言います)。この浅い潜象界にあるホログラムフィルムが個々の魂に入ってくることで、ホログラムとして浮き上がってきます。このホログラムとして認識される魂の領域を、浅い現象界とも呼びます。
 
浅い潜象界のさらに奥に進んでいくと、深い潜象界があります。深い潜象界は、浅い潜象界と浅い現象界(合わせて深い現象界と呼ぶ)を支えている世界です。もちろん、形のない世界なので通常、私たちが触れることはできません。
 
この深い現象界と深い潜象界を合わせて太陽世界と呼びます。
ここで太陽というワードには意味があり、私たちの世界(個別宇宙)のホログラムを作り出す時に使っている光源が太陽だからです。太陽は恒星として宇宙空間に浮かんでいるイメージがありますが、それは物質的(観測される対象として)な表現であり、その本質はホログラムを映し出すための光源です。そのため、この「深い現象界と深い潜象界」からなる世界では、太陽が大きな役割を演じているため「太陽世界」と呼んでいます。
 
* この太陽世界の基本構成は、「太陽ー地球ー月」の三位一体構造です。
* ちなみに他の恒星(シリウスなど)は、別の現象界と潜象界を持っている別の世界であり、私たちの世界と物理的に繋がっているわけではありません。物理的に飛んで行って到達する恒星はどこまでも地球(太陽世界のホログラム)の延長上にある恒星に過ぎません。現象界&潜象界という枠組みを超えることで本当の意味で宇宙の一員になると言えます。
太陽世界の上位構造として「中心太陽世界」がありますが、ここも同様に別の現象界と潜象界を持っています。(ここを明らかにするには太陽世界のカルマをさらに解消する必要があります)

太陽世界のカルマの解消

太陽世界に上記のように深い現象界と深い潜象界があります。またその間を繋ぐものが「空(くう)の捻じれ」です。
つまり、深い潜象界と深い現象界は元々は一つながりの膜で、空の捻じれによって分離した状態になっています。そのため、浅い潜象界と浅い現象界もまた捻じれによって繋がっており、太陽世界の分離は全てこの空の捻じれから始まっているということです。
 
この空の捻じれを生じさせているものが「太陽世界のカルマ」です。このカルマは、魂パートと媒体パートに分かれており、意識の覚醒ワークで扱うのは魂パートの方です。太陽世界膜に蒔かれた種(カルマ)が芽をだし、成長し、一つの個人を形成していきます。
 
* 魂パートのカルマを単に魂カルマ、媒体パートのカルマを媒体カルマと呼ぶことにします。魂カルマは、太陽世界(地球と呼んでも良い)に入ってくる前は、他の恒星世界を経由してその情報を蓄積しています。この魂カルマが地球に入ってくる時に、結合するのが媒体カルマです。媒体カルマは地球で熟成された情報体で、その一部はDNAとして表現されています。このように魂カルマと媒体カルマが結合することで、この地球(太陽世界)に合った乗り物(肉体であり、地球のホログラム)を獲得します。
 
意識の覚醒ワークでは、太陽世界の膜に蒔かれた種(カルマ)、特に魂パートのカルマを解消していきます。これによって深い現象界と深い潜象界、また浅い潜象界と浅い現象界にまで到達している膜の捻じれを解消していきます。
 
意識の覚醒ワーク1stは、最も浅い領域のカルマを扱います。
* これが通常の意識の覚醒ワークで、基本ワークです。
* 解放ワークにおける「個別自己のブループリントの解放」と同等の解像度を扱います。(「気づきの意識」の最も浅い気付きの領域)
 
意識の覚醒ワーク1stをお受けいただくことによって手動での(太陽世界膜の)カルマの解消ができるようになります。1stを受けることでベースができ、自覚(カルマ解消)をしやすい状態になっています。ご希望の場合は、フォローセミナーでサポートすることが可能です。(フォローセミナーは対面約3~4時間で、3万円(税込))
 
意識の覚醒ワークによる浄化反応を軽減するための総合的なツール、「意識の覚醒ワークサポート」もご用意しています。 

注意事項(お申し込み前に必ずお読みください)

意識の覚醒ワークは、何かの現象、問題を意図的に解決するためのワークではありません。解放(解消)が進む過程で生じることは、意図的にコントロールできるものではありませんので、必ずしもご期待やご希望に沿うものではないかもしれません。
 
また、カルマ解消の過程で生じる不調和は(覚醒サポートなどで)極力抑える ことはできますが、ゼロにすることはできません。人生の正の面、負の面をともに凝縮して体験していくことになります。それらと対峙する覚悟のない方は、あまりお勧めできません。
 
またいかなる理由がありましても、ワークの消去、ご返金、等は致しかねますので、予めご了承ください。(ワークの消去は原理的にできませんので、ご注意ください)
 
以上を十分にご理解、ご納得頂ける方のみお申し込み頂けます。
 
【価 格】意識の覚醒ワーク1st
¥200,000 (税込)
形式;遠隔
時間;約30分
* 価格は予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。
* 解放期間は約1週間です。
* ご感想をお送りいただける場合には10%OFFとさせていただきます。
* リピート割引もご利用いただけます。
 
魂のブループリントの解放まで受けられている方
¥150,000 (税込)
 
個別自己のブループリントの解放(魂&下限媒体のブループリントの解放)まで受けられている方
¥100,000
(税込)
 
意識の覚醒ワークサポート>> 詳細はこちら
¥200,000
(税込)
カートに入れる

 
———————————————–

解放ワークからの引き継ぎ

解放ワークを既に進めている方は、意識の覚醒ワーク1stを特別価格で受けて頂けます。
・魂のブループリントの解放まで受けている方 ・・・意識の覚醒ワーク1stを15万円(税込)にて可能。
・下限媒体のブループリントの解放まで受けている方 ・・・1stを10万円(税込)にて可能。 

補足;解放ワークとの関係性

意識の覚醒ワーク1stは、(解像度は低いですが)内容的には下記の一連の解放ワーク全て(魂の解放~ゼロブレスの解体伝授)が含まれています。また太陽世界膜のカルマの解消は、「ゼロブレスの解体伝授」の次のステージという位置付けになります。  
* 解放ワークは、意識の覚醒ワークの土台となる(旧)ワークです。覚醒ワークに全てを引き継いでいますので、改めて解放ワークを受ける必要はありません。
* 意識の覚醒ワークには、意識のデフラグ/ネクスト の内容も含まれています。(カルマの解消時に(解像度に応じた)断片化の修復も行っています) 

解放ワーク概要

内容等のご参考のために掲載しています。解放ワーク自体は現在はいたしておりませんので、今後受けられる方は覚醒ワークをご利用下さい。
 
魂のブループリントの解放
下限媒体のブループリントの解放
 
・意識の覚醒ワーク2ndは、1stよりも深い領域のカルマを扱います。解放ワークにおける「解放マスター版」相当の解像度です。
・意識の覚醒ワーク3rdは、2ndよりも深いカルマを扱います。解放ワークにおける「個別自己のハートの解放」相当の解像度です。
* 2ndと3rdは必須ではありません。意識の覚醒ワーク伝授に向けて必要と感じられた方は、アイムの笠原一星さんよりお受けいただけます。

――――――――――― ―――――――――――

ワークの開発者:ヒーリングサロン「アイム」笠原一星さん

Share

追加情報

価格

意識の覚醒ワーク1st, 魂のブループリントの解放まで受けられている方, 個別自己のブループリントの解放(魂&下限媒体のブループリントの解放)まで受けられている方

レビュー

レビューはまだありません。

“意識の覚醒ワーク” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


You may also like…

You may also like…