Cloud 9

010. サトル・ボディーへのアプローチ 「サトル・アロマテラピー」

今回は、Subtle aromatherapy(サトル・アロマテラピー)という分野についてご紹介したいと思います。

このサトル・アロマテラピー、Valoreにいらっしゃる皆さんにとっても大変興味深い分野ではないかなと思います。
私自身、留学する前までは従来のトラディショナルなアロマテラピーの知識・経験しか持っていなかったので、オーストラリアでこのサトル・アロマテラピーについて知った時にはエッセンシャルオイルにそんな側面があったことに驚きました。

Casino tarjontaamme sisältyy videopelit, pöytäpelit, blackjack, ruletti ja automaattipelit. wp-image-3283″ />

サトル・アロマテラピーとは、英国アロマテラピー界の第一人者で、IFA(*)の創始メンバーでもあるパトリシア・デイヴィス氏が提唱しているアロマテラピーの一分野です。
彼女の著書によると”エッセンシャルオイルの物理的特性ではなく、波動的特性を活かしてサトル・ボディー(エネルギー体)に働きかけ、心身を深く癒すセラピー”と説明されています。
つまりエッセンシャルオイルの薬理学的なオイルの効能からではなく、エッセンシャルオイルが持つ独自のエナジー・波動を感じ、それを用いて私たちの心と魂、オーラやエネルギー体へスピリチュアルな側面からアプローチし、癒していく方法です。
植物のエナジー・波動を用いるという点でフラワーエッセンスと似ているのかなと思います。

サトル・アロマテラピーは近年ではアロマテラピーを用いたエナジーヒーリング方法として日本でも人気が高まってきています。
たとえばマンダリンはインナーチャイルドにアプローチし、本来の自分を受け入れる手助けをしてくれますし、フェンネルは良くない波動から私たちをプロテクトしてくれます。
本コラムの第5回・6回目「チャクラとエッセンシャルオイルのお話」もこのサトル・アロマテラピーに基づいたブレンドになっています。

サトル・アロマテラピーは、特にエナジーヒーリングに興味を持つ方にはとても魅力的な学問で、知れば知るほどその奥深さや神秘性に魅了されますが、従来のトラディショナルなアロマテラピーがもつ効能・禁忌項目などを理解した上で、行っていただければと思います。
それぞれのエッセンシャルオイルが本来持っている薬理学的なちから(たとえば殺菌作用や鎮静、代謝促進作用などなど)を知らないままにオイルを用いるのはもったいない!

ということで次回からはそれぞれのエッセンシャルオイルの薬理学的な効用をご紹介するとともにこのサトルアロマテラピーとしての各オイルのキャラクターをご紹介していきたいと思います。

——————————————————————–
*IFA(The International Federation of Aromatherapists:英国国際アロマセラピスト連盟):世界で最も長い歴史を持つプロのアロマセラピストのための連盟。英国をはじめ、ヨーロッパ諸国、オーストラリア、カナダ、アメリカ、チリ、南アフリカ、日本、香港、中国、シンガポールなど世界中に会員を持つ国際的な組織でアロマテラピーの普及に努めている団体です。