Cloud 9

023. 各チャクラの調和を保つ「ベチバー」

さて、今回ご紹介のエッセンシャルオイルはベチバーです。

濃厚かつスモーキーな香りのベチバー、粘度が大変高いエッセンシャルオイルでオイルビンから1滴を取りだすのに苦労させられるオイルです。

フタをあけた途端に広がるその濃厚でオリエンタルなその香りは初めてかぐ時は驚きますが、慣れてくるとクセになる香りで、古くから香水の原料としても活躍しています。イネ科に属するこのオイル、抽出部位は根なのですが、私にとってパチュリとこのベチバーはその粘度・香りの濃厚さからどうしても樹脂からの抽出と思ってしまいがちなオイルたちです。
それにしてもイネ科のオイル、べチーバーをはじめ、レモングラス、パルマローザ、シトロネラと一見地味な感じがしますがどれも個性があってわずか1滴で周りをその香りで満たしてしまう、主張の強いオイルたちですよね。

ベチバーは発赤作用があり、リューマチや関節痛、筋肉痛に効果的なオイルです。また、心への作用も大きく、ストレスや不安感で過敏になった神経を鎮静し、不眠症や軽い鬱などの症状を和らげてくれます。

心身をほぐしてリラックスさせてくれますので、働きすぎ・考えすぎからくる心身の消耗に効果的です。また女性ホルモンのバランスを整えてくれますので、PMSや更年期障害(特にのぼせや多汗など)の症状を緩和してくれます。

サトル・アロマテラピーとしてのベチバーは、各チャクラととても関連の深いオイルです。各チャクラの調和とバランスを整え、エナジーを補充してくれます。

これはグループワーク・グループメディテーションの際にも有効で、たとえば何人かで瞑想をする場合、ベチバーをバーナーなどで室内に薫らせてみてください。すると各人のエナジーのバランスを均一に整え、深い瞑想へと導いてくれます。

またその色や質感、香りからもわかるように第1チャクラ(The root chakra)との関わりが大変深いオイルでもあります。パチュリと同様、グラウンディングオイルとして、大地にしっかりとコネクトしてくれるオイルです。

●疲れたらちょっと立ち止まって:ベチバーのオーラスプレー
毎日忙しく心身ともに疲れてるのだけど、神経が高ぶっていろんなことを考えてしまう、そんなことはありませんか?そんな時、ちょっと考えるのを止めてみませんか?
このスプレーをご自身のオーラにシュッとひと吹きしてみましょう。ベチバーとローズの甘く濃厚な香りが心身の力みを抜いてくれて気持ちがふっと軽くなりますよ。

<用意するもの>
水・・・40ml
無水エタノール(薬局で購入できます)・・・10ml
ローズ・・・2滴
サンダルウッド・・・3滴
ベチバー・・・2滴

< 作り方 >
スプレーボトルに無水エタノールと精油を入れてまぜます。よく混ぜ合わせたら、水を加えてスプレーボトルをよくシェイクします。
これで出来上がり!ご使用の際はボトルをよく振ってからご使用ください。1ヶ月程で使い切ってください。