Articles ご感想

~ブループリントの解放編~ 開放期間の2カ月を振り返って・・・


薫先生に夜遅く、魂のブループリントの開放をして頂きました。

遠隔にもかかわらず、頭から尾骨にかけて、エネルギーの流れるのがすごく分かりました。
細かな振動と共に熱さが混じって強烈なエネルギーが入ってきている!という感覚でした。
(それから2日間位、ずっとエネルギーが体の中心をうごめいていました)

次の日の朝、目が覚めるや、変な夢を見たことに深い意味を感じました。
夢の内容は、丸焼けになった動物の死骸が何十体も山積みになっているのをじっと眺めていると言うものでした。
私的に解釈すると、、私の中のネガティブな観念や感情が解体されて丸焼けの動物の死骸となって見えたのだと思いました。

朝、ちょうど薫先生からメールが届いていました。
メールの中に、ワーク後、夢見の悪い人が多いという言葉を発見して、私も例外ではないと納得しました。
それから、数日間はお腹がゆるい状態でした。それに毎日が眠くてたまりませんでした。
身体のエネルギーが変わって来ているというのは、とてもよく分かりました。
開放中の2カ月は好転反応として、いろんなことが起きると覚悟は決めていましたが、
これといった事は起こりませんでした。

ただ、日ごろの小さな事にも感動して鳥肌が立ったり、涙が出たりと、前に比べて感じやすくなっている自分がありました。
何か考えている時も、自分の考えとは思えないような名言がポロリと出てくることがよくありました。
その言葉は自分で感心してしまうほどの的を得た素晴らしい言葉だったりするのです。
(二元性から少し解放されたお陰でしょうか、自分の心の言葉はとても新鮮で確信をついたものでした)

期間中は自分の感情を意識的に客観視することで、今まで繰り返してきた感情パターンも自分なりに探すことができました。
とてもいい経験ができて有り難かったです。
次は下限媒体の開放ワークが楽しみです!
自分をどこまで変えていけるか、わくわくドキドキです!
薫先生!下限媒体の開放もどうぞ宜しくお願い致します!!

.

魂と下限媒体のブループリントの解放