Articles ご感想

私は私なんだ。私はたのしめばいいんだ!と納得

ブループリント&下限媒体の解放

下限の解放&残骸処理が終了しました。
特に、エネルギー的に感じたということはありませんでした。
感情の浮き沈みなども、全然気にならずに終わったことは良かったのか(?)
魂の解放も時も、特に感情面ではなかった感じです。

魂の解放の時は、何事も起きず私はこのまま終了♪なんて浮かれていたら、
終了1,2週間前くらいから腰が痛く動けない状態が続き
仕事も1カ月くらいはまともにいけませんでした。
下限を受けると、軽くなるかもということで、すぐに受けさせていただきました。
受けてしばらくすると、動けるようになり痛みもだいぶ落ち着きました。

下限を受けて、1か月くらいしてから今度は、腰からの神経が痛くなり、
動けないほどではないですが、いまだに動きが少し辛いです。
今回は、また何か起きるのがこわいので、解放ワークも同時にお願いしました。
その影響もあってか、痛いけど動けないほどではなく、スムーズに(?)終了したかなと思います。

振りかえってみると、
人間関係にもすごく恵まれ、
今までの私だったら躊躇していた全く知らない人たちのいる勉強会に参加し、
その場にいる方に話しかけ、お友達になり・・・。
ちょっと楽しい企画を考えついたり、
すごくいい出会いがありました。

そして、薫さんに教えていただいた本を読み、すごく腑に落ちる点があり、
あれ?なんかこの感覚前にもあったような?
なんでもいいんだ。私は私なんだ。私が楽しめばいいんだということが
よく理解できました。