Articles ご感想

チャネリングにも変化!

ブループリント&下限媒体の解放

チャネリング講座の受講と合わせて、ブループリントの解放を受けました。

より良いチャネリングが出来ることを期待してまた、HPに紹介されていた「ザ・マネーゲームから脱出する法」を読んで、これは!と思っての申し込みでした。

事前に薫さんからお知らせ頂いた時間をちょっとすぎた頃、頭がずーんと重くなりました。

5分位たって、お茶を入れようと歩いたら、目まい・・・ほどではなかったけれどフラフラ、ふわふわした感じがありました。
それだけ、パワフルだったのでしょう。

解放中はキツイことが多いと聞いていたのですが、私の場合は逆でした。
戸惑うくらいにタイミングが良く、物事がスムーズなのです!

夕方の混雑しているスーパーのレジに並んでたら新たにレジを開けるからって、私が並んでいるのはそこから3つも離れているのにわざわざ店員さんが声をかけてくださって(通常は、隣のレジに並んでいる人が声を掛けられるのに)短時間でお会計が終わったり、駅のホームに行くと 1分も待たずに電車が来ます。
あれ?と思っていると「この電車は3分遅れで発車です」というアナウンス。

大雪の日に行ったコンサートでは、電車のダイヤが大幅に乱れている中これもまた、ドンピシャ!で電車が来るので私には全く影響がなかったり。上司からは「あなたのことが好きだから、一緒に仕事していたい」 と特別に高級な紅茶をプレゼントして頂いたり。

はじめは、こんな感じで毎日が楽しかったです。

1週間くらい経った頃、体調の方がキツくなりました。胃腸の調子が悪くなり、何回も吐いて、お肉を食べたくなくなったり。3日くらい続きました。また、人間関係の中でイライラするパターンを自覚せざるを得ない出来事も続きました。

残骸解体期間に入ってからは、悩むほどの嫌な出来事はありませんでした。

嫌なことはあったのですが、いちいちそれに囚われることなく受け流せてたといった感じです。

チャネリングの変化もありました。

ワークを受ける前は、まるで写真を見ているかのような、静止画が見えることが多かったのですが、それは、一切見えなくなりました。また、質問しても何も聞こえなくなりました。全くチャネリングができない感覚になり、とても焦りました。授業の時に薫さんに相談したところ「物の見方が変わるとき、聞こえなくなることがあります」と。

解放が終わって、残骸解体期間も終わり、受け取り方がちょっと変わったのでそれが物の見方が変わるってことなのかなと思いました。現在は、実在と繋がれるようになり、わざわざ繋がるって意識しなくても繋がっているようです。

カウンセリングのお仕事では、その方に必要なキーワードがふっと降りてきたりします。また、口が勝手にしゃべっている…そんな状態になることもあります。そういうチャネリングも楽しいです。

これからは、もっと精度が上がるように磨いていきたいと思います。