Articles ご感想

下限媒体ワーク

ブループリント&下限媒体の解放

「魂の解放」をしているときには既に「媒体の解放」までは受けようと考えていました。
魂の解放が終わり、薫さんに連絡を取るついでに、今回もトントンと日にちが決まり早々に媒体の解放を受けることができました。受ける当日の朝、仕事中に他者からの言われもしない大きな怒りをぶつけられました。電話の向こうで私にひたすら罵声を浴びせてくるのはビックリしました。こんな経験初めてで心臓がバクバクでした。これも受ける前からの浄化反応だったようです。受ける前からこんな反応があるなんてこれから耐えられるか・・・と思いましたが、実際には媒体の解放期間中は魂の解放時に比べると特に大きな変化や大変さなどを感じることはありませんでした。(最終日だけは異常に疲れてできるだけ横になっていました)

解放期間中の出来事と言えば、友人からの言葉の中にありました。「そんな言い方しなくても・・」と言うことがありました。私の場合は自分の中から何か出てくるのではなく他者がそのような一面を表して見せてくれるのかな?と今では思っています。 相変わらず声が出にくくなる現象はたまに出てくるのですがそれもだいぶ良くなってきました。

媒体の解放を終えて思うことは、更に物事を客観的?に捉えられるようになったり(まだまだ足りないところはたくさんありますが・・)自分に正直に、無理をしなくなったような気がします。多分今まで気づかないうちにいろいろ無理していたんだなと思います。あとは自分自身に問うように自分と会話をしてみたりしています。そんな中で少しずつ自分が勝手に作り出したブロックが徐々に外れているような気がします。

実はちょうどこの媒体の解放からダイエットしていて(全く関係ない話でスミマセン!)、これが今までにないくらい順調に成功していまして、これからもゆっくり続けるつもりですが、少し自粛していた外遊びもちょっとずつ解禁して新しい出会いにも期待したいなーと思っています・笑

ちょっと金額は高かったですが・・、とっても良い気づきを得ることができ、これかれの人生をたのしみしています。どうもありがとうございました!