AIM覚醒エナジーサイクル

¥200,000 (税込)

AIM覚醒エナジーサイクルでは、身体システムのエネルギー循環を妨げる核質(コアとなるカルマ)を割ります。

説明

私たちの身体は複雑なシステムですが、単純化すればそれは2つの膜によって成り立っています。

それは張った膜か緩んだ膜かによって区別されます。特に身体では張った膜がメインとなり、緩んだ膜がサブの役割をします。
※ヌーソロジーとの対応では、ヌース(能動的流れ)=張った膜、ノス(受動的流れ)=緩んだ膜 となります。

これらは物理的な膜の場合もありますし、身体意識レベルの膜システムであることもあります。

2つの膜は例えば(一つ抽象度の低い階層である)筋肉では、伸筋(~張った膜)と屈筋(~緩んだ膜)という対応関係にあります。

膜システムは人本来の機能として備わっていますが、通常はそれが閉じた状態になっています。そのため身体(観えない身体も含めて)を巡っているエネルギー循環を感じられない状態です。

エネルギー循環は本来の人(抽象度の高い人)であればそれを体感、把握することが可能であり、(その循環している)システムを外から観ている状態であるため、必然的に俯瞰的な物の観方が可能になります。

ではこのエネルギー循環している人のシステムを外から観れるように、また循環を正常な状態へと戻していくにはどうしたら良いでしょうか?

AIM覚醒エナジーサイクルでは、身体システムのエネルギー循環を妨げる核質(コアとなるカルマ)を割ります。

この核質は、鳩尾、百会、会陰、両手、両足にあります。これらの核質を割ることでエネルギー循環が始まり、循環しているシステムの外側から観る視点を(徐々に)獲得し始めます。

* 鳩尾の核質は内景核質と呼び、百会や会陰は外景核質です。大まかには内部と外部のシステムの核質という意味です。
* AIM意識の覚醒ワークで鳩尾の核質を割ります。AIM覚醒エナジーサイクルでは残りの外景核質を割って行きます。

エネルギー循環感覚の獲得は、自分(身体)という存在の観察や理解という点でとても大事なだけでなく、この感覚は他者とのコミュニケーションでも重要になってきます。相手を理解するには自分の循環(システムの挙動)を知り、それと繋がった相手の循環を知ることです。

これによって存在レベルで他者とのコミュニケーションが可能となり、自分の中に眠っていた可能性を蘇らせます。

* 自分の存在のありよう自体が変化し始めます。
* 核質を割りますが、完全に除去することはまだできません。核質を割ることで除去は(人それぞれのスピードで)自然に起こり始めます。ご自身で行う感情の解放も核質除去を推し進めることになります。(ワーク中にはその時点で可能な限りの核質除去は致します)

多くのモノ、人、宇宙という全体の繋がりの中の自分、そして自分の中を脈動するエネルギーの流れを味わうことは世界を自分のものとして味わうことです。

AIM覚醒エナジーサイクルは、大きな転換点となるワークです。

核質についての補足

コアとなるカルマを核質と呼びます。この核質はマインドと身体の癒着を引き起こします。マインドと身体が癒着を起こすことで、身体へマインドが不必要な介入を行うようになります。

人は大人へと成長する中で様々な人、集団(家族、学校、会社・・)と関わり、マインドと身体を硬直させていきます。この時、核質による癒着は身体が持つ本来のありようを壊し、身体を無視したマインドを優先させる機能を生み出してしまいます。

思考が「今ここ」を離れ過去と未来へ飛び、堂々巡りします。また身体意識の重要な機能が失われ、身体の動かし方が不自然になります。本来の動かし方ではないので、常に疲れが溜まり、そのためにマインドが適切に働きません。

このように現代人が普通だと思っていることが本来のありようからかなりズレたものになっていることが見えてきます。

このような事が起きるのは個人の問題というよりは、人類が持っているシステムの問題であり、そのシステムを紐解いた時に見えてくる原因が核質です。

従って、核質の除去(まずは割る)はシステムの問題の根幹を扱うことであり、人が本来持っている(現代人というよりは上古代日本人)ものを目覚めさせる(覚醒させる)ことに繋がります。

システムの循環を感じる – 新しい世界への扉

自分や世界(システム)を循環している(流れている)エネルギーを感じることは通常困難です。あくまで意識をフォーカスした時に部分的に感じれる程度です。

核質を割り、除去が進んでくるとこの循環を感じるセンサーが目覚めてきます。

このプロセスは、映画「マトリックス」の主人公ネオが一度死に再び蘇生した時の感覚に近いです。「マトリックス」では世界を情報(緑色の文字情報)の流れとして認識できるようになることで、その操作が可能になっています。(この認識の仕方が「システムから出る」ということです)

これは空想ではなく、情報空間のダイナミックな動きを肌感覚で感じるようになることで、その情報を操作(内部表現の書き換え)することができることを意味します。臨場感が高い情報空間は操作が可能です。そのため、リーディング、ヒーリング能力(システムのどこに滞りがあるかを認識し改善する力)を飛躍的に向上させます。

このシステムの流れを感じるという全体感覚は人を自然なありようへと近づけます。

* 核質を割り、除去をすることが自我の死を意味し、新しい世界への扉を開きます。
* AIM覚醒エナジーサイクルで割る核質は主に「ツボ」(身体表面のエネルギーの出入り口)の階層です。次のAIMチャクラ覚醒ワークではチャクラの核質と次第にシステムの深い部分へと入っていきます。

<ワーク条件>
AIM意識の覚醒ワークを受けている方

【価格】

遠隔のみ:¥200,000(税込)
時間:約20分
* 価格は予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。
* 一生に一度のみのワークとなります。(再度受ける必要はありません)
* いかなる理由がありましても、ワーク後のご返金は致しかねますので、予めご了承ください。

以上を十分にご理解、ご納得頂き、全て自己責任ということをご理解頂ける方のみお申し込みいただけます。


こちらは、ヒーリングサロン アイムのオリジナルワークです。

レビュー

  1. kaoru

    エナジー覚醒サイクルを受けた感想です。

    創始の方から意識の覚醒ワークまで受けた経験がありますが、今回鈴木様から次の段階に進むワークを受けさせて頂きました。

    前回までのワークがきっかけで私の意識や体は大きく変わりました。変わり過ぎるほどでした。

    チャネリングが急に出来るようになり、寝ている以外はほとんど、強烈な上からの声が聞こえ続け、苦しんだ時期もありました。
    今はほぼ収まりつつあります。
    しかしそれを越えると、今度は強力な自己実現化が身に付きました。

    思った事がすぐに、現実に現れてしまうのです。

    たとえば「こんなに幸せでいいのかな?」と幸せを疑った次の瞬間事故にあったり…

    自分はもっと先の意識を持たないといけないと思っていた時期に鈴木様の存在を知り、お願いをした次第です。

    ワークを受けて4日程経過して感じたのが、身体の変化です。

    今の所、思考現実化の現象はそんなに変わらない感じです。

    今、体力的増進の為トレーニングをしているのですが、上半身と首の筋肉の稼働範囲が広がりました。

    又、体温が少し上がった(仕事中に暖かいと感じる事が増えた)感じです。

    核質が壊れてくれたせいで、筋肉の癒着が取れたのかな?と自分では思っております。

    もう少ししたら、思考現実化の方に変化が出るかなとも思っているのですが…取り急ぎ、確実に感じた変化だけ御報告させて下さい。

    又色々変化が出てきましたら、先に進みたいとも考えると思いますので、その時はまた続きのワークをお願いさせて下さい。

    ありがとうございました。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。

より良い商品の紹介 …